ストレンジねす

アクセスカウンタ

zoom RSS 野安さんに質問をして返事をもらったお礼のエントリー

<<   作成日時 : 2008/03/02 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

年末から例によって放置気味な、このblogです・・・

ゲームライターの野安ゆきおさんのblogにて
読者からの質問に答えましょう!という企画がありました。

野安さんは、Wiiリモコン的な物が流行するだろう事をWiiの発売の数年前には予見したり、、
最近のDS、Wiiのヒットの分析を分かりやすい文章で解説されるなどの点で
個人的に注目しているライターです。

そんなゲームの大衆化について詳しい野安さんだからこそ、
私が普段疑問に思っている点
「果たして任天堂は、コアユーザー?を増やす事には成功しているのか?」
というのが気になって、幾つかの視点で質問をしてみました。

幸い、返答用エントリーに回答を頂けたのですが、
混乱を避ける為にコメント欄は閉じられてしまったので、
頂いた返事の感想を、このエントリーに書いておきたいと思います。

***************
☆質問1

>エンターブレインの浜村氏は、
>「DSユーザーの興味は、脳トレ系からアドベンチャーへと移っていて、
>次はRPGに興味を持つはず」と言ってますが、
>野安さんのこの説に対する意見をお聞かせ下さい。

うん。そういう人はいると思う。
その流れが主流になるかどうかは、わかりません。
でも、ビジネスが成立するくらいの人数はいるような気がします。


この質問は、浜村市の説にちょっと疑問を感じたので質問をしてみました。

個人的には、昨今のレイトンシリーズや逆転裁判シリーズの大ヒットの理由って
「アドベンチャーゲームはやる事は明快なので
ゲーム慣れしてない人でも、ジャンルの魅力が直ぐに理解でき
話がちょっとでも興味を引くものだったらブレイクしやすい物だったから。」
だと思っています。

ですが、最近のRPGってゲームやらない人には
何が魅力的なのか、分からない気がするんです。
ストリーテラーとしては、主人公を動かしすという能動的な参加ができる部分は確かに
優秀なんですが、お話が冒険物に限られるという点でユーザーを振るいにかけそうですし。
レベル上げをすれば誰でもクリアできる。っていうのは難しいアクションに挫折した人が
魅力的に感じる部分だと思うので、それも違う気がすると・・・

なので、浜村氏のファミコン時代の再来を理由にRPGが流行する。
という論説には疑問を感じていたので、この質問をぶつけてみました。
野安さんの返答は、半分賛同といったところでしょうか?
ストーリーテラーとしての側面でゲームにハマル人はそれなりにいそう。って事みたいですね。

ただ、「商売になるという点」については、DS向けのRPGを想定されているのでしょうかね?
DSの新作RPGの売り上げを見ている感じだと、
PS3の大作RPGクラスの制作費を助ける程のユーザー数はいない様に感じます。


***************
☆質問2

>2、Wiiスポーツで取り込んだユーザーは、
>次にどの様なゲームに興味を持つとお考えですか?

ぜんぜんわからない。
これがわかったら、ゲームメーカーに売り込みにいきます。


これはWiiは大量の新しいユーザーを獲得したけど、
彼らを手放さない為に、次に打つべき手って何なのかなぁ?という点で質問してみました。

現在の任天堂の戦略は
「新しいお客様を獲得して、できればマリオみたいな”ゲーム”も買ってもらう様になること」
です。
ということは、新規ユーザーの興味を上手に従来型ゲームに誘導しようと思ったら
そういう人たちの興味を理解してないといけないですよね。
ただ一緒に並べておくだけでOKなら、既にマリオギャラクシーは、
100万本は売れていることでしょうし。

なので、大衆的感性をお持ちの野安さんなら
何かビジョンをお持ちだと思ったのですが、答えは残念ながら・・・
次の一手が無い事には、ブームで終わってしまいますからね。
業界の中で誰かがこれを見つけてくれる事を切に願うばかりです。

***************
☆質問3
>3、最後に意地悪な質問を・・・
>半年前と比べて、Wiiにわくわくできる様になりましたか?

はい。去年よりもわくわくしています。


これは野安さんの半年程前のエントリーに関連した質問です。

野安さんは半年程前に
「Wiiは面白いゲームが全然出てこない。全然わくわくしてこない。
当時のPS2やDSと比べてWiiは負け組だ!」
という過激なエントリーを書かれました。
本人曰く釣り針を垂らしたエントリーという事で
「プロのライターがネットで釣りをやってるぞ」
ということで、一部ネット上でちょっとした話題になりました。

このエントリーの最大の釣り針は「面白い」という単語だったと思ってます。
野安さんの他のエントリーや記事から察するに、
FFなりマリオなりの従来型のゲームの他にも
脳トレなり、お料理ナビなり、俗にいう非ゲーム。でも楽しめる方の様です。
とするとエントリーの真意は
「こっちが予想もしてなかったけど、楽しく遊べる物がどんどん出てこない。」
と言いたかったんじゃないかと思います。
ですが、
「面白くない=PS2とかのゲームと比べて単純につまらない。質の低い、
くだらないソフトばっかり」
と、解釈した人が多かったらしくて、
賛否両論のコメントが多数寄せられ(釣り針に引っかかって?)
コメント欄は大炎上しました。

当時私は上記の様に解釈していたので、
「確かにWii fit以外にみょうちくりんな物もなさそうだし、
ゼルダとかエレビッツとかメイドインワリオとか、完成度の高いゲーム
を否定してる訳じゃないんだから
そんなに突撃するまでもないエントリーなのになぁ。」と思ってました。
それと同時に、
「お料理ナビも脳トレとかも楽しめてしまう、雑食ゲームファンですら
Wiiにわくわくしないままだと、新規ファン獲得なんて夢だよなぁ」
という点も気がかりでした。

あれから、半年。ゲーム会社は任天堂や、サード各社は色々頑張りました。
その結果か、少なくとも野安さんは半年前とは違って
Wiiに期待ができる様になった様です。
私の周辺にも上記のツール系ゲームですら、楽しめてしまうコア?なゲーマーが
多いのですが、結構野安さんと同じ様な意見の方が多いです。

もちろん、一部のユーザーの心境にしか過ぎませんが、
これって結構凄い事じゃないのかなぁ。と思ってます。
少なくとも、ゲームに興味を持っていて尚且つ雑食の人たちには
支持されている傾向はあるみたいですから、
「ゲームファン拡大という大きな目標の前の一つの壁は乗り越えた。」
という観点で評価されるべき事項だと思います。

あと、この返事を読んで思った事があります。
「半年前に釣られた方々。Wiiはつまらない物って訳じゃなかったみたいです。」
***************
☆最後に

以上で私がした質問とその返答はおしまいですが。
ゲーム業界で活躍されている方から返事が頂けたということで、
とても嬉しかったです。

お忙しい中、わざわざ返答して頂いた野安さん
ありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野安さんに質問をして返事をもらったお礼のエントリー ストレンジねす/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる